Topics

Google ChromeがSSL認証を推奨!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日公開されたGoogle Chromeの新バージョン「Chrome 68」ではhttpから
始まるURLのWebサイトには「保護されていません」という表示を出す仕様に
変更されています。

さらに2018年10月にリリース予定の「Chrome 70」では「保護されていません」が
赤字で表示されます。

これにより、常時SSLは「対応したほうが良いもの」から「しなければいけないもの」に
なりつつあります。

従来のwebサイトのアドレスは、「http//:www〇〇〇」でした。
SSL認証に対応したwebサイトのアドレスは、「https//:www〇〇〇」になります。

SSL認証の対応につきましては、SSL認証の種類やご使用のサーバーによって、
対応方法が違ってきますので、弊社担当にお問い合わせください。

関連記事

Web関連情報

  1. Google では、4 月 21 日より、ウェブサイトがモバイル フレンドリーかどうかをランキング要...
  2. 接続機器に応じたホームページを製作いたします。
  3. アクセス解析を行っていると、等々80%以上がスマートフォンになってきました。

サポート関連情報

  1. 自宅でPCを使う場合、めんどくさくないですか。
  2. 「警告」「ウイルス感染」「パフォーマンス低下」等の戒告分が表示され、対策ソフトをダウンロード・インス...
  3. サポート会員対象に、遠隔サポートを利用した、トラブルサポートを行っています。

TecServer関連情報

  1. 平素は弊社テックサーバーをご利用いただき誠にありがとうございます。
  2. テックサーバーのホ-ムページにて、サーバーの使用方法など、解説しております。
お問い合わせください